野菜でカープを応援!Carpyシリーズ 〜ズッキーニ〜

 

Carpy用のズッキーニを収穫する田坂さん

 

黄色と緑が鮮やかなズッキーニ

 

 

 JA全農ひろしまが販売する、広島東洋カープとのコラボレーション商品Carpy(カーピー)シリーズ。昨年、苦くなく肉厚ジューシーな「こどもピーマン」を使い、カープがコラボする初めての野菜として話題を呼びました。このCarpyに、今年はバットとボールに見立てたズッキーニとミディトマトを加えてシリーズ化しました。カープを応援する野菜として付加価値を付けることで、生産者の所得増大につなげたい考えです。

 同シリーズのうち、緑のズッキーニを生産するのは広島県三原市大和町で今年2月に新規就農した田坂信太郎さん(46歳)です。就農について、農業で生計を立てていけるか不安はありましたが「高齢化が進む地域の力になりたい」と決意しました。「田坂さんは新規就農者ながら、仕事が丁寧なのできれいなズッキーニを順調に出荷できています」とJA広島中央営農指導員の谷杉貴志さん(29歳)は言います。ズッキーニをCarpyとして販売することについて田坂さんは「コラボする以上、カープの成績も気になります。たくさん出荷することでカープの戦いを後押ししたいです」と意気込んでいます。

 同シリーズのズッキーニは8月下旬頃まで、広島市を中心とする量販店で販売される予定です。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -