新商品「Carpy(カーピー)」(広島県産ピーマン)を発売します
 


広島県産野菜を食べて広島東洋カープ(以下、カープ)を応援しよう――。JA全農ひろしまは、2015年7月からカープと連携した新商品「Carpy(カーピー)」(広島県産ピーマン)の販売を始めます。

「Carpy」は、広島県産の「こどもピーマン」を用います。通常のピーマンと比べて〔(甘みがあり、肉厚・ジューシー)、中身(ビタミンC・カロテンが豊富)、8た目(キュートな形で果揃いがよい)が優れているのが特徴で、「走・攻・守」の三拍子が揃ったカープの選手にちなんでいます。

カープとコラボレーションした野菜は、全国で初めてです。商品名は「カープ」と「ピーマン」の一部をつなげ、愛着が湧くように名づけました。パッケージはユニフォームにみたてており、「Carp」にちなんだロゴマークが目を引きます。

JA全農ひろしまは「青果売り場でカープを目立たせ、消費を盛り上げたい」と強調します。今後は、県内の量販店や直売所「とれたて元気市」などに並び、試食販売等も行う予定です。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -