環境保全の取組みを支援 「賀茂八十八」新発売

▲新発売した「賀茂八十八」。     

地域の環境保全の取組みを支援します。

 

 JA全農ひろしまは、東広島市で栽培されたコシヒカリの精米商品「賀茂八十八」を2018年1月に新発売し、2月16日には東広島市の会場で発売記念式を開きました。環境保全米として節減対象農薬を広島県基準から2割以上削減して栽培し、売上の一部は「西条・山と水の環境機構」へ基金として拠出され、地域の自然環境保全に役立てられます。記念式には生産者やJA関係者のほか、同機構の前垣壽男理事長や、地元で生産者と消費者を結ぶ活動をする大学生など約40人が出席しました。

 

 米の収穫まで88の手間がかかると言われることにちなみ、自然豊かな賀茂台地で多くの手間ひまをかけて大切に育まれたお米として「賀茂八十八」と名付けました。米袋デザインは、西条が酒の都であることから日本酒のラベル「胴張り」をイメージし、東広島市を一望できる龍王山を描きました。食味は「粘り・甘みが強く弾力がありやや軟らかめ」(全農ひろしま品質管理室調べ)で、コシヒカリの特徴を十分に発揮しています。東広島市や広島市内の生協やスーパー等で販売しています。

 

 記念式では、JA全農ひろしまの吉本洋二副本部長が挨拶で「米政策の転換などを受け、生産者にとって実需者や消費者との結びつきは重要性を増しています」と強調。JA広島中央の河野孝行組合長は「農業を取り巻く厳しい情勢に対応すべく、マーケットインに基づく販売力・ブランド力強化に取組みます」と力をこめました。前垣理事長や同機構の運営委員長を務める広島大学の中越信和名誉教授が機構の活動紹介を行い、「機構の取組みを支援する商品に初めてお米が加わり、『田んぼ』を実感できるようになったことが大変嬉しいです」と歓迎しました。商品の特徴や生産者の紹介、米の試食も行いました。

 

 同商品は東広島市の西条地域を中心とした産地指定商品。今後、同地域でこの取組みに賛同する生産者に拡大していきたい考えです。農事組合法人ファーム西田口の小池智慧登代表理事は「丹精込めた美味しい米を多くの方に食べてほしいです」と期待しています。

 

 JA全農ひろしま米穀販売課は「まずは地元の皆さんに食べてもらい、県内外で広く食べられる商品になってほしいです。店頭試食をはじめ販促にも力を入れます」と強調しました。2月17日には全農ひろしまの直売所「とれたて元気市」で新のりと併せた試食販売を行い、新商品をPRしました。

 

▲「西条・山と水の環境機構」の活動を紹介し、

「賀茂八十八」の取組を歓迎された中越教授

 

▲記念式後、吉本副本部長による乾杯で、

生産者・関係者そろって会食の場を持ちました

 

▲17日にはとれたて元気市で、新のりを巻いたおにぎりの試食販売を行いました。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
こだわりの思い伝えたい 「里山の夢」販売促進に力

▲今年米袋をリニューアルした「里山の夢」

 

▲店頭で試食を勧めながらこだわりの栽培方法を説明する松田さん(右)

 

 

 庄原市山内自治振興区米つくり研究会はJA庄原やJA全農ひろしまと協力して、精米商品「里山の夢」の県内外での販売促進に力を入れています。東京や大阪の商談会に積極的に参加するほか、生産者自ら店頭に立ち試食販売も行います。

 

 「里山の夢」は広島県庄原市産の「あきさかり」で、里山の整備で伐採した竹を粉砕し、牛堆肥と混合して発酵させた堆肥で栽培しています。「堆肥で土づくりができ、少ない農薬で丈夫な稲が育ちます」と同自治振興区地域マネージャーの松田一馬さん(64)は言います。

 

 販売を始めた2010年は6人の生産者が1.6haで生産していましたが、2017年には生産者53人、面積は約50haまで増えて年間約200トンを出荷しました。

 

 「栽培方法のこだわりや生産者の思いを直接伝えるため試食販売に力を入れており、生産者が交代で年間40回は店頭に立っています」と松田さん。2月4日に広島市西区の大型商業施設LECT(レクト)で行った試食販売では、チラシを配りながら積極的に試食を勧め、産地や栽培方法を熱心に紹介しました。試食した女性は「別の米を定期的に購入していますが、里山の夢は粒がしっかりしていておいしい」と話し、購入していました。

 

 JA全農ひろしま米穀販売課は「多くの消費者にこの米を知ってほしいという生産者の思いに応えられるよう、JA庄原と一体となって生産面、販売面でサポートしていきたいです」と力をこめました。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
女の子が主役

3月3日はひなまつりですね

 

元気市ではモモやウメの切枝物、米こうじの甘酒、“ほんまもん”といった生産者がネーミングした甘酒も販売してます(>.<)/

 

アルコールが入っていないのでお子様も飲むことができますよ

 

華やかな花の鉢物も入荷してます(^^)

 

そろそろ春近しですね〜(≧◇≦)/

 

ぜひお越しください

 

 

  

 

 

                   by 若者ガール

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 16:58 | - | - | -
2/17(土) 「柑橘フェア」開催中!

 おはようございます!

 とれたて元気市広報担当の助さんです♪

 こちらは風が強くて少し肌寒いですが、いいお天気に恵まれています!

 

 本日(2/17(土))、とれたて元気市では「柑橘フェア」を開催しています!(^o^)

 店内では、広島県産かんきつの「詰め放題」や「よりどりセール(バラ売り)」を実施していますよ。

 

  

 

  

 

 

 さらに店頭では、牡蠣入りのレモン鍋…その名も「レモンかき鍋」の販売や、ぜんざいの販売も行っていますよ♪

 さっそく私もいただきました(*^_^*)

 

 

 

 「レモンかき鍋」は、野菜具だくさんの上に、大きな牡蠣がドーン!と1個乗っています。

 スープは、よしの味噌さんの「レモン鍋の素」を使用しているので、さわやかな味になっていて、野菜は少し歯ごたえがあって、素材の食感を楽しめるようになっています♪

 

 ぜんざいは、焼きたてのお餅が入っていて、甘さ控えめでとても食べやすいです!

 

 この他にも、「餅・惣菜」の販売、「すっぽん鍋」の試食販売、「広島県産の新海苔(のり)」の販売や、昨日ご紹介した広島県産コシヒカリ「賀茂八十八(かもやそはち)」の試食販売も行います!

 

 盛りだくさんのイベントでお待ちしていますので、お出かけの際にはぜひお立ち寄りくださいね〜(^_-)-☆

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 19:05 | - | - | -
20180216 週末イベントと広島県産米「賀茂八十八」のご紹介!(動画)

 こんにちは!とれたて元気市の広報担当の助さんです!

 広島市は、先週に比べて少しだけ寒さが和らいできました^^;

 このまま暖かくなってくれればいいんですが…。

 

 さてさて、週末のご予定はお決まりですか?

 とれたて元気市では、2/17(土)に「柑橘フェア」を実施します!

 内容はレモンかき鍋の販売、各種柑橘の詰め放題やバラ販売などなど。

 この他にも、ぜんざいの販売や、生産者の対面販売など盛り沢山!

 

 また、広島県産の新海苔の試食販売も実施するのですが、あわせて広島県産米の新商品「賀茂八十八(かもやそはち)」の試食も行います!

 「賀茂八十八」は、賀茂大地の清流が育んだ、東広島市産の「こしひかり」です。

 なんと売り上げの一部が、賀茂大地の環境保全活動の支援につながるんですよ!(^o^)

 

 ぜひお越しいただき、召し上がってみてくださいね♪

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 16:05 | - | - | -
地産地消みそを手作り 教室開催

▲容器に詰める際の注意点を説明する原田さん(右)

 

▲滑らかになるまで大豆をつぶします

 

▲つぶした大豆と米麹を手でよく混ぜました

 

 JA全農ひろしまの直売所「JA交流ひろば とれたて元気市」は2018年2月13日、隣接する「元気市食堂」で、材料は全て県内産を使用した“地産地消”みそ作り教室を開きました。直売所に餅を出荷する原田寿美子さんとJA広島市職員が講師となり、計12人で手作りみその仕込みを行いました。

 

 同教室は昨年に続き2回目。昨年参加した女性は「手作りみそは市販のものより優しい味になります。子どもも、みそ汁で味の違いに気付いていました」と話していました。参加者は、圧力鍋でやわらかくした大豆をつぶして米麹と混ぜ、空気を抜きながら容器に詰めました。原田さんは「容器に詰めたら、ビニール袋に入れた塩をみその上に隙間無く置き、空気に触れさせないようにすることが一番大事です」などとアドバイスを送っていました。仕込んだみそは参加者が持ち帰り、半年間発酵させて完成します。

 

 安佐南区に住む山田恵美子さんは「みそ作りは初めてでしたが手間や時間がかかるものだと実感しました。半年後の完成が楽しみです」と笑顔でした。原田さんは「手作りの自然なものを美味しく食べてほしいです」と教室を開いている思いを語りました。

 

 同直売所では今後も生産者と消費者が交流できるイベントを企画し、地産地消への理解を深めたい考えです。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
産地の信頼守り高めよう 農産物鑑定会を開催

慎重に鑑定する検査員

 

▲1位を受賞したJA広島中央の渡辺さん(右)

 

 広島県JA農産物検査協議会(事務局:JA全農ひろしま)は2018年2月9日、JA西日本営農技術センターで農産物鑑定会を開き、米などの検査業務を担うJA職員38人が鑑定技術を競い合いました。

 

 開会式でJA全農ひろしま米穀総合課の塚本栄孝課長が「農産物検査体制の維持と、鑑定技術の向上及び適正化は、米の流通において産地としての信頼を守り高めるために非常に重要な取組みです。本鑑定会で検査技術の向上と会員相互の連携・情報交換を行いながら、検査の信頼性の確保を図っていただきたいと思います」と鑑定会の目的を説明しました。

 

 県内の29年産米は高温障害の影響と考えられる「コシヒカリ」の乳白粒、「ヒノヒカリ」のその他未熟粒による等級落ちが見られたことから、鑑定試料に反映させました。また、29年産から県の産地品種銘柄になった「あきだわら」も初めて鑑定試料に加えました。

 

 水稲うるち玄米35点、水稲もち玄米5点の計40点の品位判定を行い、1位にはJA広島中央 西条グリーンセンターの渡辺淳一さんが輝きました。2位になったJA庄原 上下営農センターの野津山幹文さんと共に、3月9日に千葉県で開かれる全国大会に出場します。渡辺さんは「1位になって驚きましたが、選ばれたからには全国大会でも頑張りたいです」と意気込んでいました。

 

 同協議会では、確かな技術を持った検査員を育成するために1年かけて農産物検査員育成研修会を行っており、毎年約15人が検査員として登録されています。同協議会の末田永次技術主管は「正確な鑑定はもちろんですが、その等級をつけた理由を生産者にきちんと説明できることも大切です。日々現物を見て鑑定眼を養ってほしいと思います」と話していました。

 

 入賞者は以下のとおり。(敬称略)

▽1位=渡辺淳一(JA広島中央)▽2位=野津山幹文(JA庄原)▽3位=上川泰彦(JA広島市)

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
2月17日(土)は柑橘フェア!

寒さには慣れませんが、雪の予報には見慣れてきた今日この頃です(=-=;)

ですがみなさん!今週は元気市で寒さを吹き飛ばしましょう!

 

2月17日(土)は「柑橘フェア」を開催します!!

柑橘だけでなく、あたたかいものもありますよ。

ラインナップをご紹介します。

 

●広島県産かんきつ詰め放題

●広島県産かんきつのバラ売り

●レモンかき鍋販売

●ぜんざい販売

●新海苔(広島県産)の試食販売

●手作りこんにゃく販売

●お餅販売

●鞆の浦ちくわ他販売

●焼き栗販売

●手作りパン販売

●手作りスイーツ販売

●すっぽん鍋試食販売

 

盛り沢山なイベントとなっています!

ぜひみなさん遊びに来てくださいね!(^0^*)

 

  

 

by とまとま

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 17:55 | - | - | -
食べ比べしてみて(^¬^)♪

今年も玄米の限定販売として産地めぐりを実施いたします(^−^)/

 

期間は2月〜7月です

 

玄米は量り売りなので1kgから販売できますし

 

分づき(玄米→3分→5分→7分→白米)もできます

 

ラインナップは下記の通りです

 

2月:久井地区ミルキークイーン

3月:豊平地区あきさかり

4月:豊栄地区あきろまん

5月:久井地区ミルキークイーン

6月:竹粉栽培西城町こしひかり

7月:神石高原町こしひかり

 

また精米5kgの限定販売として2月は賀茂八十八(東広島市産こしひかり)も販売します

 

毎月楽しみですね(≧▽≦)

 

ぜひお越しくださいm(..)m

 

 

 

                         by:若者ガール

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 16:29 | - | - | -
20180203 本日は節分です♪(動画)

 おはようございます。

 とれたて元気市広報担当の助さんです(^0^)

 

 本日2/3(土)は節分の日ですね!

 節分といえば豆まきと恵方巻き!

 

 とれたて元気市では、恵方巻きをたくさんご用意して、皆さまのご来店をお待ちしています♪

 みんなで恵方(今年は南南東だそうです)を向いて、丸かじりしちゃいましょう!

 

 また、第1土曜日ということで、「JA産直市の日」でもあります☆

 祇園とれたてグループによる、「プチヴェール」の試食宣伝も実施してますので、ぜひお立ち寄りください♪

 

 

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 09:31 | - | - | -
<< | 2/57PAGES | >>