<< 軟弱野菜調製機 新開発モデルの現地検討会を開催 | main | たけのこ・たらの芽登場! >>
広島わけぎ産地の理解深めて 日帰りバスツアー開催

▲生産者から収穫の注意点を教わり、実際に収穫しました

 

▲手作りの横断幕で歓迎しました

 

 広島わけぎ部会とJA三原わけぎ部会、JA尾道市わけぎ部会は2018年3月4日、わけぎ産地の広島県三原市に関西の消費者を招いて日帰りバスツアーを開催しました。157通の応募の中から抽選で選ばれた18組36人が、わけぎ圃場の見学やわけぎ料理の昼食などを楽しみ、生産者との交流を深めました。

 

 圃場見学では、JA三原わけぎ部会の山下部会長が「三原市では島しょ部を中心に温暖な気候のもとでわけぎを栽培しており、排水性の良い砂地や、瀬戸内海からの潮風や反射光で甘くて美味しいわけぎが育ちます」と説明。参加者の中から選ばれた7人が、生産者の指導を受けながらわけぎの収穫を体験しました。海のすぐそばの景色もよい圃場で、参加者は写真を撮るなどして楽しんでいました。

 

 昼食は道の駅「神明の里」で、同道の駅で行ったわけぎレシピコンテストの入選作品9種類の料理が提供され、参加者は工夫を凝らした料理に驚きながら味わっていました。生産者も参加者と同じ机につき、わけぎ栽培や地元のことなどを話して交流しました。三原名物「やっさだるま」の絵付け体験や三原市内の散策なども行いました。

 

 大阪府豊中市の斉藤美幸さんは息子の弘晟くんと一緒に参加。収穫を体験した弘晟くんは「根が想像以上にたくさんあって引き抜くのが大変でした」と驚いていました。美幸さんは「わけぎは薬味として使っていましたが、料理の種類がたくさんあって驚きました。家でも試したいです」と笑顔で語りました。

 

▲昼食はわけぎづくしのメニュー。

皆さん、様々な調理方法に驚いた様子でした

 

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -