<< 今年もあと少し | main | 20171222 本日のイベント情報!(動画) >>
カープ選手トークショーで県産農畜産物PR 

県産米3品種の食べ比べを実施しました

 

▲選手も食べ比べに挑戦!

 

 JAグループ広島は2017年12月18日、広島市のANAクラウンプラザホテルでカープディナートークショーを開きました。県産農畜産物を味わって興味を持ってもらおうと企画。広島東洋カープの野間峻祥選手、鈴木誠也選手、西川龍馬選手によるトークショーを行い、県産農畜産物をふんだんに使ったオリジナルコース料理を提供しました。定員300人のうち50人は、8〜9月に県内のファーマーズマーケットで実施したスタンプラリーの参加者から抽選で招待しました。

 

 JA全農ひろしまは会場内にブースを設け、県産米「恋の予感」「あきさかり」「コシヒカリ」を食べ比べて品種を当ててもらう企画を実施。参加者は注意深く試食することで普段あまり気付かない品種による違いを実感していました。トークショー内で3選手も食べ比べに挑戦。JAお米のアンバサダーが品種の特徴と正解を発表しました。また、料理に使用した県産野菜や、抽選会景品の広島血統和牛「元就」と「カープ応援米」の提供にも協力し、イベントを盛り上げました。

 

 広島市の大学生、鳥井遥香さんは「選手に会えて幸せな時間でした。料理はどれも美味しく、自分の住む地域でとれた野菜も使用されていて地元の野菜を知ることができました」と笑顔で話してくれました。

 

 JA全農ひろしまは今後も、JAグループ広島で一体となり県産農畜産物の認知向上と消費拡大に取組みます。

 

▲県産農畜産物やサイン入りグッズが当たる

ビンゴ大会で盛り上がりました

 

▲リラックスした表情でトークする

(右から)西川選手、鈴木選手、野間選手

 

▲笑いが絶えない楽しいトークに、

来場者の皆さん聞き入っていました

 

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -