たけのこ・たらの芽登場!

 暖かい日を何日か過ごして、厚手の上着を片付けようかと考えましたが、一度雨が降ると肌寒くて、

三寒四温とはこのことなんだと感じています・・・

 

そんな中、元気市ではタケノコや、たらの芽が登場するようになりました!

春はもう目の前ですね(^^*)

元気市では季節の移り変わりを感じられます、

ぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 

by とまとま

 

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 18:04 | - | - | -
広島わけぎ産地の理解深めて 日帰りバスツアー開催

▲生産者から収穫の注意点を教わり、実際に収穫しました

 

▲手作りの横断幕で歓迎しました

 

 広島わけぎ部会とJA三原わけぎ部会、JA尾道市わけぎ部会は2018年3月4日、わけぎ産地の広島県三原市に関西の消費者を招いて日帰りバスツアーを開催しました。157通の応募の中から抽選で選ばれた18組36人が、わけぎ圃場の見学やわけぎ料理の昼食などを楽しみ、生産者との交流を深めました。

 

 圃場見学では、JA三原わけぎ部会の山下部会長が「三原市では島しょ部を中心に温暖な気候のもとでわけぎを栽培しており、排水性の良い砂地や、瀬戸内海からの潮風や反射光で甘くて美味しいわけぎが育ちます」と説明。参加者の中から選ばれた7人が、生産者の指導を受けながらわけぎの収穫を体験しました。海のすぐそばの景色もよい圃場で、参加者は写真を撮るなどして楽しんでいました。

 

 昼食は道の駅「神明の里」で、同道の駅で行ったわけぎレシピコンテストの入選作品9種類の料理が提供され、参加者は工夫を凝らした料理に驚きながら味わっていました。生産者も参加者と同じ机につき、わけぎ栽培や地元のことなどを話して交流しました。三原名物「やっさだるま」の絵付け体験や三原市内の散策なども行いました。

 

 大阪府豊中市の斉藤美幸さんは息子の弘晟くんと一緒に参加。収穫を体験した弘晟くんは「根が想像以上にたくさんあって引き抜くのが大変でした」と驚いていました。美幸さんは「わけぎは薬味として使っていましたが、料理の種類がたくさんあって驚きました。家でも試したいです」と笑顔で語りました。

 

▲昼食はわけぎづくしのメニュー。

皆さん、様々な調理方法に驚いた様子でした

 

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
軟弱野菜調製機 新開発モデルの現地検討会を開催

▲重量範囲表示装置の実演を熱心に見る参加者

 

▲生産者やJA、行政など約100人が参加しました

 

 広島県園芸振興協会(事務局=JA全農ひろしまなど)は2018年2月27日、東広島市の県立農業技術センターで軟弱野菜の調製作業の機械化体系に関する現地検討会を開きました。ほうれんそうを中心とした軟弱野菜の高能率調製機と、軟弱野菜等の計量を簡単にした生産者開発の機械が次年度以降実用化されるにあたり、実物を使って機能や特徴を検討しました。生産者やJA、行政など約100人が参加し、2台の機械について説明や実演を行い、質疑応答の場を設けました。

 

 軟弱野菜の下葉処理や計量、袋詰め作業などの調製作業は労働時間の半分以上を占めており、作業者の負担軽減や作業の効率化は、経営拡大・改善に向け必要不可欠な課題となっています。

 

 (国研)農研機構 施設・調製工学ユニットの小林有一ユニット長と(株)クボタの谷口優太氏から、現行の調製機「株っこクリーナー(NC300)」よりも根切り・下葉除去処理の精度と作業速度が向上した開発機について説明と実演を行いました。

 

 北広島町でほうれんそうを生産する本田弘さんは、野菜の重量を揺れる針先の目盛りではなく点灯するランプの色別で知らせる「重量範囲表示装置」を開発しました。数値を読む必要がないため計量スピードの飛躍的な向上が図れます。回転台を自動化し、台を回す手間も省きました。本田さんは、同機械をより多くの生産者に活用してもらおうと2015年に特許を取得し、製品化に向けて検討をすすめています。

 

 参加者は、ブラシの清掃方法や機械のメンテナンス等について積極的に質問し、導入できるか検討していました。JA全農ひろしま園芸課の狩谷伸午担当は「今後も必要な情報提供と現地検討会などを行い、多くの生産者にほうれんそうやこまつなを作ってもらいたい」と強調しました。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
12人の施肥マスター誕生 JA施肥マスター認定証授与式

水永県本部長から認定証を受け取るJA施肥マスター認定者

 

認定証を手に笑顔のJA施肥マスター認定者

 

 JA全農ひろしまでは「JA施肥マスター」資格認証制度を設けて、県内農産物の生産振興に向けて県域の営農指導体制強化を図っています。2018年2月27日には広島市内の会場で認定証授与式を行い、土壌分析・施肥設計などの研修を受けて試験に合格したJAの営農指導員12人を新たにJA施肥マスターに認定。マスター認定者はのべ12JAの85人になりました。

 

 同制度は、2011年に全農ひろしまが制定した独自の資格制度。土壌分析や生育診断等のデータに基づいた専門的な施肥指導に加え、地域の中核的な指導員としての役割を果たし、マスター間のネットワークを活かした県域の施肥に関する課題解決にも取り組みます。近年は生販購パッケージ品目の提案をすすめており、ミニトマト「アンジェレ」や「こどもピーマン」の面積拡大に取り組みました。今後は、新たに農業ICTを活用したトータルコスト低減に取り組む計画で、マスター認定者にはICTの導入や普及も担っていくことが期待されています。

 

 資格認定証授与式では、全農ひろしまがJA施肥マスターの活動報告や資格認証講習会の内容などを報告した後、水永祐治県本部長からマスター認定者1人ひとりに認定証を手渡しました。水永県本部長は「JA自己改革の本命である農家所得向上には、収量向上と品質安定が必須。加えて施肥マスターの皆さんには新たな技術の普及も担ってほしいと思います」と期待をよせました。

 

 新しく資格認定されたJA広島中央の進藤光さんは「資格認定講習会で得た知識や経験を活かし、個々の農家や圃場に合わせた指導をしていきたいです」と意気込んでいました。

 

 全農ひろしまでは、今後も継続的な研究会や研鑽の場を設けて、JA施肥マスターたちの更なるスキルアップや連携を後押ししていきます。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
春色の準備

 少しずつ、暖かい日が増えてきましたね。

道を歩けば梅の花が咲いていたり、寒さも終わりが見えてきました(~o~*)

 

元気市では、ビオラやパンジーなど色々な花の苗がたくさん並ぶようになりました!

色とりどりで綺麗です、春に向けてお庭の準備に良いですよ!

ぜひ元気市へお越しください(^‐^*)

 

 

 

by  とまとま

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 17:47 | - | - | -
20180302 とれたて元気市の様子(動画あり)

 こんにちは!広報担当の助さんです♪

 急に暖かくなり、一気に春めいてきましたね〜♪

 私は朝の通勤で少しだけ歩くのですが、手袋等も必要なくなってきましたよ。

 日々の変化を感じる今日この頃です^^

 

 さて、明日3/3(土)は第1土曜日ということで、「JA産直市の日」です!

 そして「ひな祭り」♪ということで、「甘酒」の試飲販売も実施しますよ。

 

 暖かくなったことで、とれたて元気市にもだんだん野菜が増えてきましたし、3月もイベント盛りだくさんでお待ちしていますので、お出かけの際には、ぜひお立ち寄りくださいね〜♪

 

【元気市通信3月号 表面】

 

 

【元気市通信3月号 裏面】

 

 

 【見にくい方はこちら(外部リンク:PDFのダウンロードになります)】

 http://www.jazhr.jp/genkiiti/img/month/tsushin.pdf

 

【動画はこちら】

 

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 11:06 | - | - | -
は〜るがき〜た♪

暖かくなってきましたね(*^^*)

 

元気市では春らしい商品を入荷してます

 

その1つが「なばな」です

 

苦みが少しありますがこの苦みが癖になりますよ〜(´▽`)

 

食べ方は炒めもの、お浸し、和え物、揚げ物、漬物、パスタ...

 

いろいろな食べ方があるので試してみてはいかがですか?!

 

ぜひお越しください

 

 

 

                   by 若者ガール

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 16:12 | - | - | -
低価格モデル農機の提案も 新春農機大展示会開催

▲低価格モデルトラクタは共同購入の事前申込を受け付けました

 

▲実機を前に、トラクタの点検箇所を確認しました

 

 県内7JAとJA全農ひろしまは、2018年2月15〜17日の3日間、JA西日本営農技術センター(東広島市河内町)で新春農機大展示会を開催しました。メーカー各社が農機や農業資材の展示・即売を行い、約2,400戸の生産者が来場しました。

 

 同展示会では、JA全農が農機コスト低減として力をいれる低価格モデルトラクタの共同購入の取組みやレンタル農機の紹介、機械のセルフメンテナンス講習会を実施し、農業機械にかかわるコストの低減を提案しました。

 

 開会式では、JA広島中央の河野孝行組合長が「JAグループの自己改革で掲げる『農業者の所得増大』『農業生産の拡大』には農業機械が必要不可欠です」と営農をサポートする上での農機の重要性を訴え、作業の効率化・省略化に繋がる機械の提案、さらには営農をサポートする最新技術の発信の場として、来場者と充分にコミュニケーションをとるように呼び掛けました。またJA全農ひろしまの吉本洋二副本部長は「組合員に最大限のメリットがある展示会にしてほしい」と述べました。

 

 JA全農では、生産現場の声を反映して機能・装備を絞り込んだ大型トラクタの開発要求をメーカーに行い、一括購入による低価格の実現を目指しています。現在は共同購入の事前申込の積み上げを行っており、会場内で共同購入の取組み経過・内容をパネルや動画を使って説明し、共同購入の事前申込を呼びかけました。

 

 また、農機を長く安全に使用してもらうこと、農繁期中の不具合を未然に防ぐことを目的に、生産者自身が簡単な日常点検・オイル等の交換を行うセルフメンテナンスの講習会を会場内で開きました。トラクタと田植機の実機を使って説明し、参加者は熱心に聞いていました。

 

 三原市で桃を生産する堀博雄さんは「展示会は農機や資材が特別価格で手に入るのが魅力。毎年来ています」と話し、気に入った農機を購入していました。

 

 JA全農ひろしま農業機械課の渡邉直課長は「今後も、低価格モデル農機の共同購入やレンタル農機の取り組み等を通じて生産資材コスト低減をすすめます」と力をこめました。 

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
冬作ほうれんそう品種選定 ほうれんそう部会現地研修会

▲展示圃で品種ごとの生育状況を確認する参加者

 

 

▲排水対策の農機実演を見る参加者

 

 広島県園芸振興協会(事務局:JA全農ひろしまなど)は、2018年2月20日、北広島町と安芸太田町でほうれんそう部会の現地研修会を開き、県内各地から生産者や県、JAなど約140人が参加しました。

 

 県内のほうれんそう生産は従来北部地域を中心とした夏秋産地が主力でしたが、実需者から周年高品質のほうれんそうを求める声が高まり、冬期に栽培する作型が増えています。一方で、冬期は日照不足や低温による生育不良、べと病の発生などの課題があります。これを受けて同協会では、冬作ほうれんそうの品種や栽培方法について県内統一の指針をまとめようと、県内8地域に展示圃を設けて品種検討を行っています。その取組内容や効果の波及を目的に、今回の研修会を開きました。

 

 安芸太田町の生産者、沖さんの圃場で行った現地研修会では、品種試験および被覆資材による生育状況を確認。被覆資材として使用した不織布「パスライト」では根が過湿になり生育が悪くなってしまったため、透湿性のよい資材を選択する必要があると報告しました。品種比較試験は、同地域で多く作付けされている品種「オシリス」が現時点では他の試験品種よりも若干生育が良いと報告しました。最終的な結果は3月に各展示圃の収量調査を行い、JAを通じて生産者にフィードバックします。

 

また、ほうれんそうは深根性の野菜でありハウス内土壌の透水性・物理性の改善が課題となっているため、ハウス内で使用可能な小型トラクタと作業機の説明、実演も行いました。

 

 午後からは講義形式で、品種比較試験の目的などを説明したあと、JA西日本肥料研究所の小野寺担当が県内の土壌診断結果の傾向と対策を解説。酸性化圃場が増加しているため、対策として石灰質資材で水素イオン濃度(pH)を上げることなどを説明しました。質疑応答の時間には、被覆資材の種類に関する生産者の質問に対して他JA管内の生産者が見解を述べるなど生産者間で意見交換する場面もありました。

 

 JA全農ひろしま園芸課の狩谷担当は「夏作ほうれんそうの現地研修会に引き続き非常に多くの生産者に参加いただき、冬作ほうれんそうの品種や栽培管理に対する関心の高さがうかがえました。今後も生産者の期待に沿えるような展示圃試験や研修会などを通じて、県内ほうれんそうの生産振興につなげたいです」と強調しました。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
20180223 担当者チャレンジ企画◆峇海薫髻

 こんにちは!広報担当の助さんです!

 ここ数日は暖かかったのですが、今朝はまた寒かったです。

 寒さと暖かさを繰り返しながら、ゆっくり春に向かっていますね^^

 

 さて、以前とれたて元気市の担当者によるチャレンジ企画として、さつまいもを使った「スイートポテト」を作る動画をアップしましたが、今回はチャレンジ企画第2弾として、「干し芋」を作りました!

 

 洗って、蒸かして、皮をむいて、切って、干して…とっても簡単で、おススメですよ☆

 お時間があれば、ぜひ動画をご覧いただき、お試しください♪

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 15:02 | - | - | -
| 1/57PAGES | >>