カープ女子、育てたお米を球団へ贈呈

 

スライリーにお米を手渡す参加者

 

 

 JA全農ひろしまと(株)イズミが共同で開催する「カープ女子による農業体験」。広島東洋カープを応援する女性“カープ女子”が田植えや稲刈りに挑戦し、できたお米をカープ球団へ届ける企画です。9月15日には、マツダスタジアム(広島市)でお米の贈呈式を行いました。

 幅広い世代の農業への関心を高めるとともに、地元球団を応援することで地域を盛り上げることを目指すこの取り組み。約40人のカープ女子が東広島市の(農)いなきの田んぼで4月に田植え、9月に稲刈りを行いました。田んぼでの作業は初めてという参加者も多い中、「カープ選手にお米を食べて頑張ってほしい!」と思いを込め、生産者やJA広島中央の職員らの指導のもと、無事稲刈りまでを終えました。

 贈呈式では、「カープ応援米」として袋詰めしたお米計250kgを、カープ女子からカープのマスコットキャラクター「スライリー」へ手渡しました。参加者は「選手にこのお米をしっかり食べてもらい、クライマックスシリーズも頑張ってほしい」と笑顔で話しました。

 贈呈式後は同スタジアムで行われた巨人戦でカープを応援し、会場を盛り上げました。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
カープ優勝おめでとう!キャンペーン JAタウンで開催中

▲JAタウンで開催中のカープ優勝おめでとうキャンペーン

 

 JA全農ひろしまは、インターネット通信販売サイト「JAタウン」で広島東洋カープのリーグ優勝を祝うキャンペーンを行っています。カープの25年ぶりの優勝にちなみ、同サイトで2,500円以上購入した人の中から抽選で計25人にカープ応援グッズや広島県産商品などをプレゼントします。

 JAタウンでは全国各地の特産品を手軽に購入できます。JA全農ひろしまが運営するJAタウン広島では、県産のお米や野菜、加工品など幅広く扱っており、県産の農畜産物で広島を盛り上げようと、カープの応援セールや優勝セールも行っています。

 同キャンペーンを企画したJA全農ひろしま生活・住環境課の橋詰職員は、「県内外の消費者に県産農畜産物の良さを知ってもらうきっかけになれば」と期待しています。

 詳しくは、JAタウン広島:http://www.ja-town.com/shop/c/c6301/ へ!

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
酒米懇談会を開催 量は平年並み、品質は良い

▲酒米懇談会で挨拶するJA全農ひろしまの水永県本部長(奥、右から4人目)

 

 JA全農ひろしまは、2016年9月9日、広島市内の会場で広島酒米懇談会を開きました。県内の蔵元と生産者らの意見交換の場として、年1回開いています。

 県内の酒造会社と生産者代表および、行政、JAなどの関係者約40人が参加し、今年の酒造用原料米の生育状況や、酒造好適米共同研究について報告や意見交換を行いました。今年の酒造用原料米の生育状況は「夏の猛暑などの影響も少なく、量は平年並みで品質は良い見込み」とJA担当者が報告しました。

 県内の蔵元で使用する酒米は9割以上を県産米で賄っています。JA全農ひろしまはこのような取り組みを通じて、広島の良質な米作り・酒造りへの体制強化へつなげて参ります。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
祝!!!!!!!

カープが25年ぶりに優勝しましたね

 

元気市では、カープの関連商品をいろいろと品揃えをしております

 

次のクライマックスシリーズで勝てるように

 

みなさんでカープを応援しましょう!!

 

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 17:12 | - | - | -
祝!広島東洋カープ優勝!!

 つ・・・ついに、待ちに待ったこの時がやってきました!

 広島東洋カープが25年ぶりのリーグ優勝!!

 緒方監督や黒田投手、新井選手の胴上げ、そして選手の皆さんが抱き合う姿を見て、本当に感動しました(^o^)

 次は日本一に向けて頑張ってもらいたいですね!

 

 さて、とれたて元気市では、リーグ優勝翌日の本日(9/11(日))に限り、優勝記念セールを開催いたします!

 

(1)野菜

 店内のカープ特設ブースにて、生産者にご協力いただき特価品を販売。

(2)米

 精米は、カープ応援米を特価で販売

 店頭精米(玄米)コーナーでは、1kg単価を全品25%オフ

 ※お一人様10kg限り

(3)たまご

 10個入りパックを、100円で販売(限定200パック)

 ※お一人様1パック限り

(4)お肉(JAのお肉屋さん)

 全品25%オフ!

(5)お魚(JAのお魚屋さん)

 新物サンマを1尾100円(限定1,000尾)

 国産うなぎ 790円(限定50尾)

 ※この他にも特価品をご用意!

(6)加工品

 わけぎ餃子を1パック100円(限定120パック)

 ※お一人様2パック限り

 

 より多くのお客様と喜びを分かち合いたいため、お一人様につき限定数量のものもございますので、何卒ご了承ください。

 この他にも、盛りだくさんでお待ちしていますので、ぜひご来店ください♪♪

 

 

    

 

    

 

    

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 08:50 | - | - | -
カーピー登板! 丸亀製麺に県産野菜

 

▲「広島ならではのメニューを提案したい」とカーピーをPRする落合さん

 

▲カーピーの天ぷらを取る来店客

 

 (株)トリドールは、広島県内の「丸亀製麺」19店舗で8月10日から9月末まで、「カーピー」の天ぷら(1串130円/税込)をメニューに加えて提供しています。9月7日以降は路面店(通りに面した店舗)のみで販売しています。「カーピー」とはJA全農ひろしまが手がける「carpyシリーズ」の「こどもピーマン」を用いた商品で、苦くなく肉厚ジューシーなことが特徴です。「地産地消」に力を入れる(株)トリドールと、県産野菜の販路拡大に取り組むJA全農ひろしまの思いが出会い、消費者に新しい美味しさを提供しています。

 カーピーは広島県産野菜と広島東洋カープのコラボレーション商品で、昨年から販売を開始しました。今年は産地が増えましたが、販売先が限られており、JA全農ひろしまでは外食産業も視野に入れた新しい販路を探していました。一方、丸亀製麺を展開する(株)トリドールは「地域に密着した店づくり」に取り組んでおり、店舗・地域限定商品を積極的に採用しています。広島県産野菜と地元球団のコラボレーション商品であるカーピーは同社の広島県限定商品にぴったりでした。

 コンセプトだけでなく、その味も好評を呼んでいます。丸亀製麺呉広店でカーピーの天ぷらを初めて召し上がったお客様は「味が濃くて美味しい。自分のようなピーマン好きにはたまらないですね」と感想を述べました。同店店長の落合由冴さんも、「甘みがあって食べやすいと思います。ピーマンの苦味が嫌いな子どもでも、カーピーの天ぷらは残さず食べると、お客様から喜ばれています」とカーピーの味に手応えを示しています。

 JA全農ひろしま園芸課の竹林茂幸担当は、「人気のある丸亀製麺さんのメニューになることで、県産野菜商品を広く消費者にPRできます。さらにカーピーの認知度を高め、産地を盛り上げることにつなげたいです」と期待を込めました。

カテゴリ:- | 07:00 | - | - | -
カープ女子が稲刈り 優勝への期待を込めて

▲田んぼにはカープ女子の皆さんの笑顔があふれました!

 

 株式会社イズミ、JA広島中央、JA全農ひろしまは共同で、広島東洋カープを応援する「カープ女子」がつくったお米を球団へ届ける「カープ女子農業体験」を行っています。カープ女子と産地の交流を通じて若い世代の農業への関心を高めるとともに、地元球団を応援することで地域を盛り上げることを目指しています。

 取組みの一環として、2016年9月4日、東広島市にある農事組合法人いなきの田んぼで稲刈りを行いました。5歳から70歳代までの「カープ女子」42人が参加し、5月に手植えした稲を、鎌を使って自身の手で収穫しました。カープの応援歌が流れる中、生産者の指導を受けながら手際よく作業を進め、黄金色に染まった田んぼは開始から1時間できれいに刈り取られました。

廿日市市から参加したカープ女子、柳沢佳江さん(50)と長女の咲ちゃん(9)は「鎌での稲刈りは初めてだったが、ずっとしてみたいと思っていたので楽しかったです。カープの選手にしっかり食べてほしいです」と笑顔で話しました。

 (農)いなきの三好伸光会長(74)によると、今年の夏は晴天が多かったので、米のでき・質ともに良いといいます。「今日の稲刈りはカープの優勝祈願」と優勝への期待を込めました。

 この日刈り取ったお米は精米・包装し、9月15日にマツダスタジアムでカープ球団へ贈呈します。同日の巨人戦を参加者と生産者で一緒に応援する予定です。

カテゴリ:ニュース | 07:05 | - | - | -
平成28年産米のJA出荷を呼びかけ

 

▲米集荷推進強化期間をPRするプレートとポスター

 

裏面では「JAお米の宅配便」をPR

 

 JAグループ広島は、9〜10月をお米の集荷推進強化期間として、生産者に対し米出荷の呼びかけを行っています。

 JAグループ広島では、「需要に応じた米生産・集荷・販売」に力を入れており、求められる広島県産米を安定的に県内の卸売業者・スーパー・米穀店・飲食店等を通じて消費者へお届けするため、少しでも多くの米をJAに出荷いただけるように集荷推進を行っています。

 推進期間を知らせるポスター・プレートにはひろしま米のキャラクター「い〜ねくん」を採用。愛らしい表情で「お米はJAへ!」と呼びかけます。

カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
カープ優勝に向かって!

 広島の地元球団、広島東洋カープの優勝までのマジックが、いよいよ「4」となりました!

 

 とれたて元気市の店舗入り口では、優勝までのカウントダウンを行っています♪

 

 

 25年ぶりの優勝に向かって、私たち職員もソワソワしています。

 

 さて、広島東洋カープが優勝したら、とれたて元気市でも優勝セールを実施します!!

 

 内容は、お米の特売や、卵の特価販売などなど…

 

 優勝した翌日と、その週末にも実施する予定です!
 

 ぜひお越しください!

 

 がんばれカープ!!

カテゴリ:とれたて元気市(農畜産物直売所) | 17:42 | - | - | -
花き品評会を開催しました

 

▲出品された切り花を審査する審査員

 

 広島県フラワー活性化協議会は2016年9月2日、広島県立総合技術研究所農業技術センター(東広島市)で、「第40回広島県花き品評会」を開きました。同協議会会員の相互研鑽を図り、県内花き生産者の栽培技術を向上させることを目的に毎年開催しています。

 品評会には昨年より2点少ない84点の切り花が出品されました。県職員や花き市場関係者など9人の審査員が、花の形状や色彩、茎葉の色つや、病虫害の有無、咲きそろいなどの観点で審査し、広島県知事賞など19の賞を決定しました。広島県知事賞には神石高原町の坂本一馬さんが出品したトルコギキョウ(品種:パレオマリン)が選ばれました。しなやかな草姿、涼しさを感じさせる花色、出荷時期も適切であることが評価されました。

 審査に当たった(株)花満の和田由里代表取締役社長は、「花きの生産者は減ってきています。こういった品評会の場で評価を得ることで単価が上がり、生産者のやりがいにつながれば」と思いを語りました。

 出品された切り花は、翌日オークションにかけられました。

 

 広島県知事賞以外の主な受賞者と出品物は以下のとおりです。(敬称略)

▽広島県議会議長賞=田中明(江田島市) スプレーバラ

▽中国四国農政局長賞=竹森農園(庄原市) 輪菊

▽広島県農業協同組合中央会長賞=山本清美(府中市) りんどう

▽全国農業協同組合連合会広島県本部長賞=田中正彦(江田島市) 小菊
14

Check
カテゴリ:ニュース | 07:00 | - | - | -
| 1/34PAGES | >>